使ったおはコレ!

すし酢・江戸前の味

熟成酒粕を使用した醸造酢に国産のかつおだしとこんぶだしを加えた、旨み豊なすし酢です。和食の基本である合わせだしを使用することで、手巻き寿司やちらし寿司の具材の味を引き立て、特に甘味やこくのある味付けの具材もさっぱりと食べられます。

購入はこちら

酢飯の作り方とおいなりさん

具材の味を引き立てるので、お稲荷さんの甘味や旨味によく合います。お好みでいろんな具材をいれたお稲荷さんでも、さっぱりおいしく食べられます!
細かく刻んだガリを加えるのもおすすめ!

使ったおはコレ!

すし酢・江戸前の味

熟成酒粕を使用した醸造酢に国産のかつおだしとこんぶだしを加えた、旨み豊なすし酢です。和食の基本である合わせだしを使用することで、手巻き寿司やちらし寿司の具材の味を引き立て、特に甘味やこくのある味付けの具材もさっぱりと食べられます。

購入はこちら

カロリー:650kcal(1人分)

材料(12個分・3人分)

作り方

  1. 1. 米2合をやや固めに炊く。(お米の1.2倍ほどの水で炊くのがおすすめ)
  2. 2. 炊き上がったご飯があついうちにすし酢江戸前の味を加え、しゃもじで切るように混ぜ合わせる。
  3. 3. 全体にすし酢がいきわたったら、うちわ等で扇いで水分を飛ばし、ひと肌まで冷ます。酢飯はかき混ぜるのではなく、上下ひっくり返すようにして冷ますのがポイント。冷ますことで酢飯に艶が出てくるので、最後に白ごまを加えて完成。
  4. 4. 市販のいなりの皮の汁を、両手で軽く絞り、出来上がった酢飯を12等分(約50g)に分け軽く丸め、いなりの中に詰める。
    ※掲載しているおいなりさんの具 エビといくらと大葉/いり卵とアスパラ/コーンと鶏そぼろ